病院を選ぶ時にやっておくとよいこととは?

病院が受けることが出来る補助金

病院を経営している人の中には、老朽化や新規の開業などによって立替や新築を考えている人も多いでしょう。
そのような場合に知っておくと便利なのが補助金です。
厚生労働省では医療設備を国内に充実させることを目的として、様々な補助金制度を実施しています。
代表的なのは医療施設等施設整備費補助金というものです。
医療環境の充実を目的としたもので、昭和54年から行なわれています。
補助の対象は時代の変化に応じて改定されてきています。
ではどのような場合に病院は補助を受けることが出来るのでしょうか。
まずはへき地や過疎地に立てる場合です。
医療施設が不足している地域に病院が出来ることは、その地域の人々にとって大きな利益となるからです。
診療所だけでなく、医師の住宅や看護師の社宅、ヘリポート整備などにも補助が出ます。
他には研修医のための研修施設や臨床研修病院に対しても補助がでます。
良い人材を育てることは社会にとって大きなメリットとなります。
この他にも不足している産科医療機関に対する補助などがあります。

病院が利用できる補助金

病院の建てかえを考えているという人は多いのではないでしょうか。
病院は常に進化する医療を提供する場所であり、古い設備では現代の新しい医療に対応できないことも多いです。
しかし、建てかえとなると莫大な費用がかかるのも事実です。
そのような場合に利用したいのが補助金です。
病院を建てかえる場合に特定の条件を満たしている場合には補助金を受けることが出来ます。
まずは医療施設が不足している過疎地などに建設する場合です。
病院が出来ることはその地域において大きなメリットになります。
そのため厚生労働省や自治体からの補助を受けることが出来るのです。
また、業務の忙しさや責任の大きさから不足してきている産婦人科を建てる場合にも補助を受けることが出来ます。
補助の対象になるのは社会的なニーズが高いものがほとんどです。
そのため、地域に大きく貢献することが出来るともいうことができます。
注意が必要なのは改定によって条件が頻繁に変わることです。
しっかりと確認してから計画を立てましょう。

Valuable information

2016/2/9 更新

Copyright 2015 Hospital Rules. All Rights Reserved.