病院を選ぶ時にやっておくとよいこととは?

病院で働くための資格

病院には実に様々な業種の方が従事しています。
中には資格が必要な職種もあります。
一番分かりやすいのは医師や看護師といった国家資格でしょうか。
しかし他にも資格を有していないと従事できない分野もあります。
検査技師やレントゲン技師、医療事務や管理栄養士など、多種多様な経験を持つ方がそれぞれの能力を生かして、一人ひとりの患者さんの回復のために働いてくれています。
一度でも入院した経験をお持ちの方でしたら、ある一日に自分の身の回りで展開される出来事の背後に、様々な方が関わっている事実に気づかれることでしょう。
医師だけ、看護師だけでは病院は成り立ちません。
食事には料理士さん、薬の服用には薬剤師さん、リハビリには理学療法士さんなど目に見えない形でも患者のためにメニュー・プログラムを考え、影となって支えてくださっているのです。
入院ばかりではなく、通院で病院に通うときにも運転手さんだったり案内係の方だったり、私たちは支えられているのです。

病院で働くために必要な資格

病院で働く様々な人たちは大半が資格を有しています。
その中で一番身近なものといえば、医師、看護師、薬剤師です。
医師と薬剤師の資格は大学で相当の年数を学び、国家試験を経て資格を取得します。
看護師は専門学校や大学に進み、医師薬剤師と同様に国家試験を取得します。
どれもが長く働くことが出来、人に役立つ仕事です。
そしてもう一つ、表立って患者と関わるわけではありませんが、患者の健康に関わる重要な仕事として管理栄養士があげられます。
管理栄養士は病院の入院患者の献立作りや通院患者への栄養、食事指導を行い健康作りに努めます。
糖尿病や高血圧を患う患者へ指導を行うということは一般的にみても想像しやすいですが、意外なところでは妊婦への指導もあります。
例えば妊娠中の体重増加が過ぎる場合や妊娠中毒症の原因となりうる高血圧がみられた時です。
これらの兆候があると出産時にトラブルが起きやすいため原因の追及、そして対策を考えます。
病院で働くには、どの仕事も長い間知識を身につけ生かしていかなければなりません。

注目サイト

2017/6/15 更新

Copyright 2015 Hospital Rules. All Rights Reserved.